ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

西表島14 テーマパークじゃないリアル秘境ジャングルクルーズ!

 

 

 

いよいよ旅行最終日になりました。

この日は
 
ジャングルの中の船着場
ジャングルの中を歩いて
滝見学
船着場
 

って感じです。

 

 

まず、定期便の出ている船乗場へ。
 
受付で長靴の貸し出しをしてます。
 
結構な山道ですのでビーサンや歩き辛い靴の方は
絶対借りた方が良いですよ。
 

それでは船に乗り込みます。 

 

ディズニーランド以外のガチなジャングルクルーズは初めて。

ランドみたいにカバもゴリラも出てこないけど、

大自然を満喫です。

 

船頭さんが川の豆知識をいろいろ説明してくれます。

 

このジャングルの以前は普通に集落があったそうです、ビックリ。

何にもなくて暮らすの大変そう。

 

 

マングローブ、根っこが特徴的。

 

 

生憎今にも泣きだしそうな天気でしたが、

こういう天気の日の方がジャングルらしさが味わえる的な事を船頭さんが言ってた。

 

 

ここではカヌー体験も出来るそうです。

それも楽しそう。

 

 

自分の船から撮った他の船。

 

 

30分かけて上流の船着き場へ到着~。

 

ここからは徒歩で滝を見に行きます。

帰りの船は2時間後の予定なのですが、

 

往復に時間がかかりそうだとか、

もっとゆっくりしたい人は降りるときに伝えておけば、

1本後の船に変更できます。

 

 

 

さーて、いよいよここからは自分の足でジャングル探検ですよー。

 

 

船を降りますと、遊歩道になっていて、

ザ・ジャングル!の光景が広がっています。

大っきい穴のある木

普段運動してないはずなのに、

わりと早いペースでどんどん先に進むYちゃん。

雨が降ったり止んだりの天気なので、

ホントに「うっそうとした」って表現があっています。

岩がへずれた道や泥でぬかるんでいたり、

濡れてつるーってすべるとこもあるので、

ゴムの長靴借りて良かった。

 

ペタんこのビーチサンダルの人見かけたけど

可哀想な感じになってた。

 

ちょっとした滝もあって涼しげ。

 

 

いかにもジャングルな木発見。

もちろん名前の札なんてないから名前は分からない。

 

一生懸命歩いて片道1時間かかるかかからないかぐらい。

暑くはないけど 湿度がすごい。

 

コースから少し外れた展望台へ。

 

日本の滝100選のマリユドゥの滝

 

※ウィキから引用

マリ(mari)は「丸い」、ユドゥ(yudu)は「淀」のことで、

円形の滝壺をもつことからこの名を得たとされる

 

 

で、その滝がこちら!

 

ドー!

展望台から結構遠いので望遠です。

近くまで行ける道もあったらしいのですが、危ないので今は通行止め。

 

もっと近づければ迫力あったでしょう。

 

暫し眺めて、遊歩道に戻って歩みを進めます。

 

再び、いかにもなジャングル。

すっげー自然の中に囲まれてる!って感じがします。

 

 

 

このアングルお気に入り

 

なんつーか、

人間なんてちっちゃい存在だよね。

 

人工的に積み重ねたかのような岩の層のミニ滝。

 

ヘトヘトになりながら、

2つ目の滝へ到着。

 

カンピレーの滝

 

※ウィキより引用

カンピレーとは、「の座」または「神々の交際」を意味するとされる。

 

が、こちら。

なだらか~になっているので、

あまり滝っぽくないですね。

でも、久しぶりに開けた場所に出たので気持ちが良いです。

 

 

帰りの船の時間があるので、

あんまりゆっくり眺めていられず、

引き返す事に。

 

帰りは私が前でYちゃんが後ろ。

 

だいぶ山道に足が慣れたようで、

行きとはうってかわって

足を置く場所が分かってきて

 

まるで山猿になってかのように、

ひょいひょい道を歩けたのが自分でもびっくり。

 

自然と一体化出来たようで気持ちが良かった~~。