ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

秩父6最終回 ホルモンとわらじかつと温泉と。

秩父神社から西武秩父駅の方へ歩いていきます。

 

見たことないけど、この秩父が舞台のアニメの巡礼する人も多いそうで

観光地の盛り上げに一役かっているのでしょう。

f:id:pikoan:20180524150304j:image

 

雑貨屋さんとか飲食店とかあるメイン通りっぽいとこ。

だけどそんなに賑やかな感じじゃない。
f:id:pikoan:20180524150242j:image

 

めちゃくちゃいい感じの建物発見。
f:id:pikoan:20180524150246j:image

現役の定食屋さんでした。

 

f:id:pikoan:20180601101354j:image

お店の壁に文化財なんたらと書いてあったので、

歴史的に貴重な建物なようです。
f:id:pikoan:20180524150253j:image

 

たばこ店、こちらもいい感じの古さ。窓口は閉まっていました。

代わりに自販機が置いてある~~。
f:id:pikoan:20180524150234j:image

 

西武秩父駅に戻ってきました。

フードコートも秩父名物が揃っており、

おみやげもズラリと並んでおり、

時間がなくても駅ナカのみで、

秩父っぽさを味わえるという便利な場所。

 

フードコートでホルモンを食べられます。

セット¥900

通常の店は16時台とか微妙な時間はクローズしてますが、

こんな時間もオープンしてて、しかも一人でも入りやすいのでありがたい。

f:id:pikoan:20180524150836j:image

専用の火の出ないコンロで焼きます。
f:id:pikoan:20180524150848j:image

内臓系って、

どの段階で焼きあがったのか

良く分からないので、いつも心配。

とりあえず大丈夫そうなので、

モグモグ頂きました。
f:id:pikoan:20180524150851j:image

 

さて、旅の最後は温泉といきますかぁー。

f:id:pikoan:20180601101633j:image

www.seibu-leisure.co.jp

ハンドタオルとバスタオル付のプラン(¥1200)

もあるので、

手ぶらでオーケー。

 

ここでも、声のボリュームが制御不能のおばさま軍団と遭遇。

うるさい~~。ゆっくり浸からせてくれよ。

 

温泉自体は駅ナカにも関わらず、

温泉掘り当てたようで、本物の温泉があります。

ただ、岩風呂一か所にしか使われてないです。

 

あとは人工温泉なので、

源泉の湯量が少ないのかな??なんて思ったり。

 

湯上りの休憩スペースのリラクニングチェアーが快適。
f:id:pikoan:20180524150907j:image

テレビも見れるしコンセントも付いてるので、

ケータイ充電したい人には良いですね。


f:id:pikoan:20180524150840j:image

で、祭りの湯、

立地最強、新しくて綺麗でピカピカ。

 

ただ、、、、せっかく秩父まで来たのに

近所のスーパー銭湯と大して変わらないやんけ~~。

ノー個性なオーソドックスなお風呂たち。

 

時間が取れる人は、

少し足を延ばすと秩父ならではの温泉があるので、

そちらがいいと思います。

時間がない人は駅から徒歩ゼロ分はこの上なく便利。

 

 

帰りはBプラン、西武鉄道で池袋経由で帰ります。

特急料金入れて池袋まで約1時間20分¥1480(運賃780特急料金700)

1時間に1本の間隔で特急が出ています。

 

けちって普通電車って手もあるけど、

疲れてシートでゆっくり座ってられるし乗り換えなしで速いので

特急料金700円払う価値が高いと思います。


f:id:pikoan:20180524150844j:image

 

 

西武秩父駅からは観光客も少なくガラッガラですが、

平日なので、途中所沢など大きめの駅から通勤利用のお客さんが増えて、

まあまあ混みました。
f:id:pikoan:20180524150903j:image

 

はいはい、夕飯のお時間ですよってことで、

フードコートで買っておいた

わらじかつ弁当(¥950)を頂いちゃいまーす!

 

ちなみにわらじかつ、

売店ですでに出来てるものと、

フードコートでその場で作って持ち帰りにしてもらうのと

2か所別々の場所で手に入りますが、

やっぱ出来立てがいいなとその場で作ってもらいました。
f:id:pikoan:20180524150859j:image

 

かつ全体をすでに薄あまじょっぱいタレにくぐらせてあり、

味がしみ込んでいます。

やさしい味でうまーーー。

わらじだけあって、大きめサイズですがペロリと行けちゃいますね。

ごちそうさま。
f:id:pikoan:20180524150855j:image

 さて、1万円で楽しむ秩父と、

銘打っていますが今回幾らかかったのでしょう?

 

 

☆大宮出発

行き

¥1440 大宮→お花畑駅 電車代

 

¥930 西武秩父三峰神社 バス代

¥900 くるみ汁蕎麦

¥300 中津川いもでんがく

¥1000 気のお守り

¥100 おみくじ

¥670 三峰神社三峰口駅 バス代

¥470 三峰口→秩父駅 電車代

¥500 秩父まつり会館

¥200 水みくじ

¥900 ホルモン焼き

¥1200 祭りの湯(タオル付)

¥950 わらじとんかつ弁当

 

帰り

¥1480 西武秩父→池袋 特急電車代

¥390 池袋→大宮 電車代

¥11430

 

一万円超えちゃいました(笑)

 

私も場合、

昼ごはん、くるみそば

夕ご飯、ホルモン

夜ご飯、わらじかつ

と朝ごはん家で食べたのにさらに欲張って3回主食食べてますので

普通の人は昼夜2回でしょうから、

そこで節約出来るかと思います。

 

あと、千円のお守りも買うかは個人の自由なので、

1万円超えずに1日秩父を楽しめると思いますー。

 

あと、秩父までの行き方は、

ローカル線秩父鉄道は情緒があり魅力的だけど、

西武の特急ちちぶの快適さは格別!でした。

速さ、快適さを求めるなら西武鉄道がオススメです。

 

秩父日帰り旅行編以上です

ありがとうございました!