ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

青森1 旅の朝は、はやぶさで。私の席に誰か座ってる(><)

行った期間

2014年10月27日(月)~10月31日(金)

4泊5日青森一人旅!

 

1日目 弘前観光 弘前

2日目 恐山観光 青森泊

3日目 青森市内観光 青森泊

4日目 奥入瀬渓谷観光 十和田泊

5日目 十和田美術館 八戸観光

 

奥入瀬の自然、ねぶたの文化、美術館でアート、

異空間恐山とバラエティにとんで

非常にバランスの良い旅になりました。

ではでは青森編行ってみましょう!

~~~~~~~~~~

 

さて出発の朝、

少し早めに大宮に到着して
停車しているはやぶさを眺めます。
 
 
新幹線の中で1番はやぶさが好きだなぁ。
 
なんではやぶさが好きになったかというと、
 
実は通勤で毎日のように見てはいたけど
大宮⇔東京間は住宅密集地なので
速度制限でノロノロしか走れない、
その姿しか見たことなかったのです。
 
が、福島を旅行してたときたまたま
郡山で通過するのを目撃した時、
ほぼ最高速度時速300㎞越えのブァーーーって風のような姿が、
 
ノロノロ姿とのギャップがカッコよすぎて惚れた(笑)
 
普段だらしない抜けてる主人公が敵と戦う時は
超強くでビシッと別人のようになる漫画的展開ですね。
 f:id:pikoan:20180511231931j:plain
 
待ってたらはやぶさたん入場、
ほんとカッコよすぎて
1人でロマンチックとニヤニヤが止まらない、
ノン、ストップ、ニヤニヤ!
 
 
{BBF42FC6-03DC-49F6-900B-D35BA53AD4F5:01}
丁度連結部でこまちも堪能。
 
 
 
外から眺めて動く姿をじっと見送った後は、
 
今度は自分が乗るはやぶさ入場。
 
んで、
持ってるチケットの座席番号よく確認して乗り込んだら、
 
私の席に知らん人が座ってた。( ;´Д`)
 
 
自由席と指定席が両方あると、
自由席に座れなかった人が勝手に指定席に座ってて、
どいてと言うと睨まれたり嫌味を言われたみたいな話を聞いた事があり、
指定席に勝手に座ってる人=怖い人のイメージが。
 
 
 
しかーし、はやぶさは全席指定。
 
見た目は普通の中堅ビジネスマン。
 
怖い人じゃなくて、
ただ間違ってるのだろうと、
自分のチケットを見せながら、
 
あの~もしかしたら前の席
(前後左右でそこだけ空いてた)
では~と、
 
恐る恐る言ったら
 
あっしまった∑(゚Д゚)
 
って感じで移動してくれて、
無事ぬくもりが残る(笑)座席ゲットです。
 
 
乗ったはやぶさは、はやぶさのみなので
盛岡でのこまちと切り離しもなく、
停車駅も少ないので、
大宮新青森間を2時間35分で走っちゃう。
 
速いねー。
 
 
窓から景色みたり、
ガイドブックみたり、
ウキウキしてたのですが、
なーんか座席が狭苦しい。
 
いや、自分のキャリーとリュックサックを
手元に置いてるからってのもあるのですが、
 
隣のおじさんの膝上の横長ボストンバッグが
私の方に侵略してくる!?
 
真ん中の肘掛けを先に乗っていたおじさんに取られていたのは、
仕方ないですが、
ボストンバッグがズルっとこっちに来て、
手繰り寄せてはズルっと来る。
 
 
私の場合背がちっこいから
上の棚に荷物上げ下げが大変だから使わないけど、
おじさんは棚使えばいいのに。
 
 
そんなこんなで、盛岡に止まって、
後は新青森にノンストップ。
 
 
新青森から移動の乗り換え時間が短いのでトイレ行っておくか、
とリュックだけ持って、
隣のおじさんにすみませんしながら通路へ。
 
そしたら盛岡でほとんど降りて、
もう乗ってくる人いないから
終点まで行く人少なくて
他の座席ガラガラなのね。
 
 
トイレ行って、
他の席移動しちゃおうかなと思ったけど、
キャリーを置いてきてあり、
キャリーを取り出すには
さらにおじさんにどいてもわないとなので、
すげー悩んで結局元の席に戻った。。
 
 
なんでこんなに席がガラガラなのに
何故ここだけ狭い(^◇^;)
 
ボストンバッグの端侵略きたー。
一応おじさんも気にして引き寄せるんだけど、
気を抜くとすぐはみ出てくる。
 
 
っつか、
おじさんカバン一つで身軽なんだから
、ふあっと別の席移動してくれればいいのになぁ。
 
そして、
あっと言う間と思われたはやぶさの乗車時間は、
終始迫り来るおじさんのボストンバッグの端との戦いで、
とても長い時間に感じたのでした。。