ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

アート旅6 時間との戦い

11:40分高松到着、

次に乗るフェリーは1時間後12:40発の直島行き。

 

高松駅周辺で昼ご飯を探す。

f:id:pikoan:20180311235054j:plain

駅前は開けてる感じ。

f:id:pikoan:20180311235101j:plain

 

うどん県に来たなら、やっぱうどんでしょ。

うどんうどん~ってことで、、、

 

 

 

うぁぁあああああ、徳島ラーメン食べちゃった!

だって、食べたかったんだもん。

以前徳島で食べて、また食べたいなって思ってて、

お店があったから入った。何が悪い(笑)

肉が美味い。

f:id:pikoan:20180311235105j:plain

 

12:40高松港発直島行き。

すっかり赤の水玉=草間彌生が定着しましたね。

といっても草間さんがデザインしたってわけでなく、

草間さんの作品をモチーフに水玉デザインしたフェリー。

f:id:pikoan:20180311235223j:plain

 

行きはがらっがらでした。

直島は作品が多い島なので、たぶん行く人は朝から行ってるのでしょう。

私は2度目の来島で芸術祭と関係ない時にめぼしい作品は見てあるので、

前回見れなかった部分だけ見るので半日のスケジュールです。

f:id:pikoan:20180311235240j:plain

13:30分直島到着。

最初の目的地、

地中美術館行のバスが13:33発で間に合うか!?心配しましたが、

ちゃんとフェリーから降りる人を待っててくれました。

 

しかし、バス乗り場のアナウンスで、

地中美術館、混雑の為本日の整理券配布終了しているらしい。

 

だって。

 

えっ!一番最初に行こうと思ってた場所なのに。

 

バスは来てたので、

なにわともあれ、実際に現場に行ってみることに。

 

到着するとチケット売り場らへんに人がわらわら混んでおり、

まだ整理券が配られていた!

 

やった、実際現場に来てみるもんだと貰いに行くと、

今の時間13:45

整理券の入場時間15:50

 

・・・ぽうっ!

2時間後ってディズニーランドか!

 

今日の予定が

ここともう一つの美術館をゆったり見て、

16:05のバスに乗り港へ戻る。

17:00の最終フェリーで帰る。

 

でした。

 

え、、、、バス乗れなくね?

この時間のあとのバスだとフェリー乗れなくね?

 

・・・・ま、なんとかなるかー!!(^O^)/

 

脳が高速回転し、

作戦変更の考えが浮かんだのであります。

 

 

2時間あるので、

まずもう1つの目的地、徒歩圏内の

リウファン美術館へ。

benesse-artsite.jp

 

 

 リウファン美術館、入り口付近。

f:id:pikoan:20180311235451j:plain

 

中は撮影禁止。

石とか使った作品など。

 

30分ほどで見終わってしまった。

あと1時間半ある。

 

 作品が固まってある地域まで行っちゃうと、

離れているので今度は時間が間に合わなくなってしまうので、

もう一つ比較的近いベネッセハウスミュージアムに行くことに。

benesse-artsite.jp

 この美術館もいろいろ作品があって面白いのですが、

前回の来島ですでに見ているので、すぐに見終わってしまった。

 

バスで地中美術館に戻り戦闘態勢に入りました。

 

理想脳内シュミレーションはこう。

15:45ごろチケットが買えるようになるので1番に買う

15:50鑑賞開始。

16:05作品が3つのみ、さくっと切り上げてバスに乗り込む。

16:25港へ到着。(島一周するバスなので行きは10分、帰りは25分かかる)

 

しかーし

以下現実(一応想定内)

15:45チケット売り場最前線でウロウロしてたのに、

いつの間にか他の場所に待機列が出来ていて、それに並んでチケット買えたのは後の方(TT)

16:00鑑賞開始。

中が広ーい!作品が3つしかないのでなめてましたが、

一つ一つの作品が大きいので、

その場所に行くまで時間がかかる。

 

 

地中美術館

f:id:pikoan:20180311235557j:plain

benesse-artsite.jp

 

・クロードモネ

モネの睡蓮を展示。

 

ジェームズ・タレル

オープンフィールドが凄かった。

どう見てもスクリーンにしか見えないのに、中に入れちゃう不思議アート。

 

・ウォルター・デ・マリア

めっちゃ広い階段のある空間に、

ガンツみたいな黒い球体がおいてある。

 

それぞれの作品に5~10分並んで、

観賞時間は2分とか、ホント勿体ない見かたをしつつ、

美術館を出たのは16:20!

 

ここからの作戦は、

 

港まで小走り!

 

作戦でもなんでもないそれしかないぉ(悲笑)

 

バスで12分ぐらいだったのと、高台から下る道なので

17:00の最終フェリーになんとか間に合うだろうと。

 

間に合わなかったらフリーパスでは乗れないけどその1時間後ぐらいに

高速船がまだあるから出費になるけどなんとかなる。

 

必死で小走りというか早歩き、

途中レンタサイクルとか車とか抜かして行って、

羨ましかった。

 

で、、、

 

頑張った結果、、

 

 

16:45、25分かけて港に到着しました!ヤッターー!

 

汗だくだけど、

一応港周辺のアート作品も写真に撮っておく。

 

「赤かぼちゃ」草間彌生

超、有名ですよね。

f:id:pikoan:20180311235601j:plain

 

「Bunraku Puppet」ジョゼ・デ・ギマランイス

f:id:pikoan:20180311235606j:plain

 

「直島パビリオン」藤本壮介

f:id:pikoan:20180311235615j:plain

 

最終フェリーとあって、島中の観光客が港に集まっていて、

えっ、これ全員乗れるの???って心配になるぐらいの人数でした。

 

乗り切るまで時間がかかり、

実際出航したのは30分遅れぐらいだったと思う。

めっちゃ頑張って時間に間に合ったのになぁ。

 

行きはガラガラだ座席は満席で、デッキは肌寒いので、

あふれた皆さんが通路の床に座り込んでたので、

自分も床に座って高松までグッタリしたいました。

 

芸術祭会期中は地中美術館、超混んでるので、

日時指定チケットが事前購入出来ます。

私みたいに汗だくで小走りしたくない方は買っておくといいと思います。