ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

アート旅3作品鑑賞という名の冒険の始まり。男木島に上陸

7:27分うどん県、香川高松到着~。

f:id:pikoan:20180308174221j:plain

 

サンライズたんとはここでお別れ、バイバイ。

f:id:pikoan:20180308174222j:plain

まずフェリーの時間までの30分間で、

駅近にとっておいたホテルに大きい荷物を預け、

インフォメーショインセンターでコンビニで買っておいた券を

パスポートと引き換えて、

3日間フェリー乗り放題の券を購入。

 

8:00丁度の男木島(おぎじま)行のフェリーに乗り込みます。

ちなみに作品がある島は12個、

今回見たい作品、フェリーなど交通もの時間などスケジュールを練りにねって、

4日間を使って4つの島を巡ります。

 会期中なので、結構フェリーも混んでいました。

f:id:pikoan:20180308174224j:plain

 

スリーコインズ300円ショップで買った、

スマホを入れたまま操作できるよって、

透明ポッケが付いた小さいポシェットが大活躍。

この芸術祭のパスポートの為に作ったんじゃないの?ってぐらい、

サイズがピッタリ、フェリーのパスも透明なので出さずに見せられるよ。

 

2018年現在はもう同じのが売ってないので、

再販したらマジ買いですよ。

 

f:id:pikoan:20180308174226j:plain

 

電車を降りて30分、すぐに冒険の開始です!

フェリーに乗るだけでワクワクする。

f:id:pikoan:20180308174225j:plain

 

40分ほどで男木島到着。こじんまりした島。

作品展示がなければ観光でまず来ることがなかったと思うので、

アートで町おこし大成功ですね。

f:id:pikoan:20180308174228j:plain

 

案内所が早速アートです。

「男木島の魂」ジャウメ・プレンサ

f:id:pikoan:20180308174229j:plain

 

島に似合わないシャレオツな建物。屋根が文字になってるよ。

f:id:pikoan:20180308174230j:plain

 

タコがかわいいかったのでパシャリ。

f:id:pikoan:20180308174232j:plain

 

作品を見れるのは9:30からなので先に町を散策。

f:id:pikoan:20180308174236j:plain

細い路地ばかり。車は入れない道。

 

f:id:pikoan:20180308174234j:plain

f:id:pikoan:20180308174237j:plain

小さい郵便局。

f:id:pikoan:20180308174233j:plain

 

こちらは外から見るだけの作品。

小中学校の体育館に空が描かれています。

「青空を夢見て」レジーナ・シルベイラ

f:id:pikoan:20180308174235j:plain

 

高台の神社から。すがすがしい景色!

f:id:pikoan:20180308174238j:plain

農耕器具でしょうか。自分にとっては珍しい乗り物なので撮影。

f:id:pikoan:20180308174239j:plain

 

ぼちぼち9:30になったので入る系の作品を見ていきますよ。

空き家を使って作品を展示しています。

よそのお宅に上がらせてもらって作品を鑑賞するみたいな、

美術館とはまた違った観賞の仕方です。

 

しっかりとした地図はあるのですが、

見た目は民家なので、ここでいいの?みたいな若干不安な感じで入っていくと

係員さんがいて入り口でパスポートにハンコを押してってくれるので、

探して見つけてこの後どんどんハンコが溜まると

スタンプラリーみたいに嬉しくなってくる。

f:id:pikoan:20180309001616j:plain

 

「部屋の中の部屋」大岩オスカール

f:id:pikoan:20180308174240j:plain

写真の縦横貼り方おかしくない?って話ですが、

これが正解なんです。ビックリハウスみたいな不思議な部屋。

 

 「漆の家」漆の家プロジェクト

f:id:pikoan:20180308174241j:plain

 家の中の壁が漆で出来ている。香川の伝統的な漆芸技法を使って表現してるんだって。

 

 「記憶のボトル」栗真由美

f:id:pikoan:20180308174242j:plain

 倉庫みたいな建物いっぱいにボトルがつり下げられて圧巻の作品。

島民たちの思い出をボトルに封入だそう。

f:id:pikoan:20180309001831j:plain

ボトルの数がハンパねえっ。

中に入ってる写真や物を見ていったら、

時間がいくらあっても足りない。