ピコアントラベル

アラサー独女の行った気になる旅レポブログ♪

...............読んで行った気分になれるお気楽旅行ブログ♪ 旅先一覧で行き先別に読めます。

アート旅1 瀬戸内国際芸術祭2016へGO 

2016年

10月24~28日(4泊5日)一人旅

行先 瀬戸内国際芸術祭2016

行程

24日夜行列車サンライズ瀬戸で東京から高松へ

25日男木島、直島

26日女木島、小豆島

27日小豆島

28日小豆島、岡山から新幹線で東京

 

旅の始まりは本屋で見つけたこの本から。

f:id:pikoan:20180303173338j:plain

このガイドブックを見るまで、

この芸術祭が開催されているのを知りませんでした。

 

以前この辺りのアートで観光客を読んでいる直島、豊島に行った事があり、

そこの作品も芸術祭終了後も常設展示されていた一部だったのですが、

その時はそれじゃ祭りの期間に来てみようとは考えなかったです。

 

 

直島、豊島で見た現代アートはすごく面白くて、

現代アートに興味を持ちました。

いわゆる、絵を眺めるとかでなく、

見て聞いて触って五感で楽しむなんだこりゃ!?みたいな

驚きもあったりして刺激的でした。

 

その後行った現代アートが多い

金沢の21世紀美術館も面白くて、

青森の十和田美術館も面白くて、

もっと現代アートを見てみたいぞってなっていた時に、

丁度瀬戸内で芸術祭やってるのを知って、

よし、行こうとなった次第であります。

 

ちなみに好きなアートの傾向は、

生きていくうえで全く役に立たない、

この作者あったまオカシイ、クレージーであればあるほど良い

です。

 

 

春、夏、秋、と会期が分かれている中、

時は9月ごろ、最後の秋の会期に向けて準備を進めたのでありました。

 

この瀬戸内国際芸術祭、

瀬戸内海の島々に沢山のアート作品が散らばっていて、

今回は限られた時間の中でフェーリーやらバスで移動しながら

一つでも多く作品を見ようと、予定を組んだ結果、

分単位のトップアイドル並の過密スケジュールとなり、

かなり忙しい旅になったのでありました。

 

2016年ですでに終わってしまった芸術祭の旅レポになりますが、

3年に1回ってことは来年2019年も開催されるはずなので、

参考になるかと思いますのでどうぞ。